自然災害に想う WAcKAの願い

自然災害に想う WAcKAの願い

 

千葉県では2019年9月8日に発生した台風15号の影響により、
本日9月20日の時点でも停電、断水、電波障害が続くエリアがあります。

1日も早い復旧と皆様の健康と安全を心よりお祈りしております。

 

WAcKAでは
「年々脅威を増す自然災害に対し、生活のあり方を見つめ直す事で歯止めをかけたい」と言う願いがあり、この3年間活動してきました。

 

にも関わらず多くの大切な場所や人が被害にあった事実は悲しくもあり、

日々の活動の力不足を感じざる追えませんでした。

 

何よりも復旧が最優先ですが、
同じ事が2度と繰り返えさない様に発生したあとの対策だけではなく、発生する前の日々の生活改善にも力を入れていきたい。と改めて強く感じます。

 

自然の猛威と私たちの生活

 

現在のライフスタイルを継続的に行っていれば、
今回の様な台風による被害や各所で発生する水害は今後頻繁に起こりうる、
また今後20年での気温上昇は2℃と言われています。

 

2℃と言うと大した数値の様に思えないかもしれませんが、その事による影響で
土地が砂漠化され、干ばつや洪水などの被害により食糧栽培と生産に大きな
悪影響を及ぼします。

 

そもそも食糧自給率が37%と低い日本では地球温暖化=食糧危機に
直結するという事

忘れがちな事実であり、受け止めないといけない現実です。

 

私たちは何をすべきなのか?

 

今回の経験を通し、
誰に責任があるのか?と言う問い詰めや結論決めがネット上や報道で
問いただされ、「東電、県や市そして国」と様々な矛先に向けられていますが、
それはあくまで発生後の対応の遅れやまずさが論点となっており、そもそもの
発生原因による追究ではありません。

 

考えないといけないのは地球温暖化が加速する原因は何なのか?
と言う事

 

気候変動、地球の温暖化、異常気象に対しての国や各市町村が
そして企業や一個人としても対応や取り組みをしているケースは稀では
ないでしょうか?

 

もはや地球の温暖化に対して特効薬は存在しませんが、
まず私たちがするべき事は気候変動がどのような原因で悪化していくのか?を
知る事だと思います。

 

地球温暖化の原因とされるものは一般的に温室効果ガスの大気中濃度の増加だと言われています。

温室効果ガスとは対流圏オゾン、二酸化炭素、メタンなどが該当します。

 

便利さ、安さ、そして経済を優先にした結果が現状にあります。

 

・日本では1人当たりの衣料品廃棄に伴う二酸化炭素排出量が世界で
最も多く、世界平均の約5倍

・日本での1人当たりの残飯廃棄器量は世界一

・日本のプラゴミ排出量も世界2位

 

いかに無駄に消費し、廃棄しているか?お分かりだと思います。
地球温暖化への影響力が最も多い国と言っても過言ではありません。

 

一人一人ができる事

 

企業や生産活動による要因は多くありますが、私たちの生活レベルでも
努力できる事はあります。

 

「私1人が努力したと事で世の中何も変わらない」と全世界の70億人が思うより、
「私1人のほんの少しの努力で世界が変わる」と70億人が思い、行動に移せば
画期的に世の中は改善されます。

 

まず大切な事は生活の中の無駄を見つける事から始まります。

便利な社会だからこそ、無駄にしているモノはたくさんあります。

 

無駄に過剰なモノは不要なモノです。

 
不要なモノを消費するほど無駄な事はありません。

 

そしてすてないと言う習慣

 

一つは

所有するモノを棄てない。

つまり
リサイクルする。
アップサイクルする。
リユースする。

新しいエネルギー、資源を使わない努力が必要です。

 

もう一つは

棄てるかも知れないモノは所有しない。

と言う事

所有するモノも再利用可能な素材を選択し、消費、利用したあとの事も考える
事が必要です。

 

まずは一番簡単に取り組める
ペットボトルからマイボトルへ
ショッピングバックからエコバックへ

 

ペットボトルは世界中で1分間に100万本消費されていると言われています。
毎回と言わずともマイボトル率を上げるだけでも大幅に消費量が軽減されるのではないでしょうか?

 

そして食べ残しや賞味期限切れの廃棄
短サイクルでの衣料品廃棄などに取り組んでみるのは如何でしょうか?

 

  少しずつ多くの人が継続的に

 

WAcKAでは華やかでインスタ映えする梱包に憧れていますが、
地球環境を優先させて頂き、出荷の際に使用する梱包材等は再利用品を
使用しております。
決して華やかなパッケージではありませんが、皆様のご理解とご共感頂けましたら幸いです。

 

WAcKAのミッションは
単にTシャツヤーンを販売するだけではなく、
アップサイクルする必要のある現状を
アップサイクルを通して皆さんに知って頂き、

そして
より多くの方にライフスタイルの改善の必要性を理解頂く事にあります。

  自然の脅威は私たちが作りだした魔物です。
      私たち自身にしか改善できません。

 

私たちが扱うアップサイクルアイテムが環境保全の象徴になればと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

共感と環境循環の輪を繋ぎ、その思いを広げ、未来へ|WAcKA(輪っか)

共感と環境循環の輪を繋ぎ、その思いを広げ、未来へ|WAcKA(輪っか)

WAcKAでは、人と人とが手を繋ぎできる小さな輪を広げ、大きなムーブメントとして未来へ繋げていく取り組みを行っています。様々な理由で廃棄されるTシャツをTシャツヤーンとしてアップサイクルする事で繊維ゴミを削減、地球環境に貢献しサステイナブルな社会実現を目指します。iTToを使用する皆様が環境改善の担い手となります。

屋号 WAcKA
住所 〒276-0026
千葉県八千代市下市場1-4-8
電話番号 080-4294-1713
営業時間 平日10:00~17:00
代表者名 梶原 誠 (カジハラ マコト)
E-mail info@wacka.jp

共感と環境循環の輪を繋ぎ、その思いを広げ、未来へ|WAcKA(輪っか) WAcKAでは、人と人とが手を繋ぎできる小さな輪を広げ、大きなムーブメントとして未来へ繋げていく取り組みを行っています。様々な理由で廃棄されるTシャツをTシャツヤーンとしてアップサイクルする事で繊維ゴミを削減、地球環境に貢献しサステイナブルな社会実現を目指します。iTToを使用する皆様が環境改善の担い手となります。

〒276-0026
千葉県八千代市下市場1-4-8

080-4294-1713

平日10:00~17:00