【Tシャツヤーン】楽しく編み物、そして心も癒す!! 編み物がもたらす心理的効果とは?

【Tシャツヤーン】楽しく編み物! そして心も癒す!! 
                編み物がもたらす心理的効果とは?

 

 

WAcKA ワークショップ

 

 

 

私たちはWAcKAでは千葉県や茨城県を中心に定期的にTシャツヤーンを使った編み会を開催しております。

 

*Tシャツヤーンとは、
廃棄される運命にあったTシャツや生地製造工程で発生する生地端材を廃棄することなく、アップサイクルされた手芸用の糸のことです。

 

 

その開催目的は
人が集い、編み物を楽しみ、廃棄される運命にあった繊維端材を価値ある商品にアップサイクルすることで、環境貢献を共に実現する事でした。
ある意味では新しいゴミ拾いの方法だと考えていました。

 

Tシャツヤーン編み会を開催する理由

 

 

 しかし開催を増す毎に、参加される方々から想像もしていなかったご感想を頂けるようになりました。

 

・とても気持ちがリラックスできる
・参加している最中は嫌な事を忘れ、ポジティブになれる
・対人コミュニケーションが良くなった
・外出する機会が増えた

 

そして私たちは編み物が得意なシニア、シルバー世代の方々に編み物講師としての役割も担って頂いております。

・編み物を教えることで、まだ社会に活躍できる場所があることがうれしい
・普段、接することのない子育て世代、子供世代の方とも交流が楽しめる。

 

 などうれしいお言葉を頂くことが増えました。

 

 

そんな時、ある記事を見て、皆さんから頂くコメントに納得しました。

 

 

それは2018年に開催された平昌オリンピック

フィンランドのスノーボード選手のコーチが試合前に緊張をほぐす為に編み物を! と言う内容でした。

 

そう! どうやら編み物には集中力を高めたり、緊張をほぐしたり、脳を活性化する効果がある様です。

 

私自身も編み物をしますが、確かにすごい集中力です。 時間もそれ以外のことも忘れ、何も考えず集中します。
そして編み物は手先を動かすので、脳の活性化にもつながるのだと思います。

 

 *専門家ではないので、間違った解釈もあるかもしれませんが、予めご了承下さい。

 

科学的な根拠はうまく説明できませんが、実際に参加されている方々から頂くコメントや生き生きとした姿を拝見していると心理的効果が実際にあることは実証できていると思います。

 

そして私たちが使用するTシャツヤーンは通常の手芸糸と比べ、糸が太い為、比較的短期間で作品が作れるので、達成感を味わうまでも比較的短期間ですし、糸が太い分、目にかかる負荷を削減できるという利点もあります。

 

 また編み物が苦手な方やお子様にも簡単に作れるアイテムも多くあるので、幅広い世代や苦手な方も参加しやすいのも特徴です。

 

WAcKA ワークショップお子様にも簡単にも簡単に作れるヘアゴムなど

 

 

Tシャツヤーンで編み物を楽しむことは、当初目的としていた環境負荷への軽減だけではなく、心身への負荷軽減につながる事はとてもうれしい事です。

 

欧米ではニットセラピーと言うのが存在するそうで、その効果は認められています。

 

 

では実際に編み物をすることで、どのような心理的効果がもたらせるのでしょうか?

 

 

編み物は瞑想?

 

編み物をしている状態は瞑想や禅をしている状態と似ているようです。

瞑想や禅は目を瞑り、集中しているイメージなので、目を開けて手を動かす編み物とでは、同じ状態だと想像がつきませんが、瞑想中は、脳の中ではセロトニンやドーパミンなどの神経伝達物質が分泌されます。
*神経伝達物質とは、身体と心が感じる刺激に対して、それを脳内の必要な場所に伝達する役割を持った物質のこと

・セロトニンは神経伝達物質のバランスを安定されるためには必要不可欠
・ドーパミンは幸福感や幸せを感じさせてくれる物質です

 

編み物を行っている時にも、これらの物質が分泌され、普段のストレスから解放され、リラックスされた精神状態を得ることができます。瞑想や禅は敷居が高い気がしますが、同じ効果が編み物で得られるのであれば、一石二鳥かもしれませんね!

 

 

脳トレ効果も抜群な編み物

 

編み物は手先を動かします。昔からボケ防止には手先を動かすことなどと言われていますが、編み物はそれだけではなく、目数を数えたり、編み段を数えたりする必要がある為、手先だけではなく脳も活発に動かす必要があります。

脳を活発に動かすためには、脳に多くの栄養を必要とし、この影響を運ぶのが血液です。
脳を働かせている間は、脳の血流が増加、さらに「前頭前野」と呼ばれる部分が活発に活動します。

この動きのおかげで、創造力やコミュニケーション能力、記憶力が活性化されます。
また編み目や段数を数えることで数字への意識も強化されます。

普段動かさない脳が編み物をすることで活性化され、脳が刺激され、ボケてられない状態にするわけです。

 

編み物は鬱にも効果?

 

日本では15人に1人が生涯に1度はうつ病にかかる可能性があると報告されています。
現代社会の大きな課題の一つだと言えます。

うつ病の作業療法では、作業をしている最中だけではなく、作業を終えた後の爽快感や心が解放されたような気分を味わってもらうことが大切だとされています。

いわゆるリラックスした状態を作りやすいのが編み物
反復動作が心をリラックス状態に導いたり、自律神経の調整に働くセロトニンの分泌が高まりより心を穏やかにします。

不器用で編み物が苦手と言う方にとってTシャツヤーンは思っているより、簡単に作品作りが短期間で出来上がるので、達成感や高揚感を得る事も比較的、一般的な編み物より簡単です。

 

 

  これら心理的効果は当初、想定をしていたわけではありませんが、多くの効果報告を頂き、結果的に実証することができました。

 

日本は少子高齢化を迎えています。

WAcKAではこれまで通り、
『3世代が集う場』『シニア・シルバー世代の活躍』を提供することで、
環境負荷低減を目指すと言う目的に加え、心身の負荷も低減すると言う目的も付け加えたいと思います。

 

    また私たちが主催するワークショップや編み会のみならず、
Tシャツヤーンをご購入下さる皆様の心身負荷低減にも役立つアイテムとなれば幸いです。

 

iTTo ヤーン 作品

参加された方々の作品

 

関連記事

共感と環境循環の輪を繋ぎ、その思いを広げ、未来へ|WAcKA(輪っか)

共感と環境循環の輪を繋ぎ、その思いを広げ、未来へ|WAcKA(輪っか)

WAcKAでは、人と人とが手を繋ぎできる小さな輪を広げ、大きなムーブメントとして未来へ繋げていく取り組みを行っています。様々な理由で廃棄されるTシャツをTシャツヤーンとしてアップサイクルする事で繊維ゴミを削減、地球環境に貢献しサステイナブルな社会実現を目指します。iTToを使用する皆様が環境改善の担い手となります。

屋号 WAcKA
住所 〒276-0026
千葉県八千代市下市場1-4-8
電話番号 080-4294-1713
営業時間 平日10:00~17:00
代表者名 梶原 誠 (カジハラ マコト)
E-mail info@wacka.jp