茨城県水戸南イオンタウンにあるOFF STOREさんでのイベントを終えて

茨城県水戸南イオンタウンにあるOFF STOREさんでのイベントを終えて

 

 

4月29日(金)・30日(土)の2日間、
茨城県水戸南イオンタウンにあるOFF STOREさんにて新品なのに廃棄されるTシャツのアップサイクルワークショップイベントを開催させて頂きました。

 

実は今回のイベントはとても感慨深い

私達、WAcKAが事業活動を開始した頃、
日本のアパレル業界では、大量廃棄問題や労働問題はタブー

 

中にいる人は、みんな薄々気付いているものの誰もが口を噤む話題

私達が、繊維業界の大量廃棄問題や労働問題に取り組むと言い始めた時、共感も得られず、業界の諸先輩方からも「辞めとけ!」と散々言われました。

でもこうやって同じ志を持って、イベントを開催する事ができました。

“Everything is always impossible till someone does it.
But when someone does it.
The impossible things suddenly becomes
possible.”

(何事も誰かがやり始めなければ、不可能なまま。でも誰かがやり始めれば、不可能は可能になる。)

 

衣料品を販売しているお店に、衣料品の廃棄に関するPOPが展示会されています。


これはとても勇気のいる事だと思います。

課題を明らかにした上で、是正する。
そしてご来店されるお客様へも理解と共感を促し、共に課題解決に取り組む

まさに私が目指していたことが、こちらの店舗では実現しています。

 

ワークショップは

比較的簡単で小さなお子様にも楽しんで頂けます。
でも一人では完成しないようにしています。


助け合う、協力し合うと言うシチュエーションがなんだか好きで…

そして楽しみながらも、難しさが必要だと思っています。

色選びから楽しいWAcKAのワークショップ

 

簡単に安価に何でも便利に手に入る時代だからこそ、苦労して作ると言う体験が、本当の物の価値を知り、大切に長く使うに繋がると思っています。

WSはほんの10分ほどの時間

もう100万回位は、発したフレーズ
「この糸は、新品なのに廃棄されるTシャツからアップサイクルしました。
何故新品なのに捨てられるのか?これらが大量に捨てられ続けた社会はどうなるのか?」

そんな問い掛けをしながら、廃棄と言う課題に受け止め、思い巡らせる機会を作るのが、私達WAcKAのWSでのミッション

 

今回のたくさんの新品Tシャツが廃棄されることなく、アップサイクルされました。

 

作る責任、使う責任
それぞれの責任を問うより、一緒に考えて、改善した方が早いよね!

とても親切なスタッフの皆様と素敵なお客様に囲まれ、有意義なイベントでした。

一人でできないことはみんなでやれば良い‼︎

関連記事

共感と環境循環の輪を繋ぎ、その思いを広げ、未来へ|WAcKA(輪っか)

環境循環と共感の輪を繋ぎ、そして未来へ繋ぐ|WAcKA(輪っか)

WAcKAでは、人と人とが手を繋ぎできる小さな輪を広げ、大きなムーブメントとして未来へ繋げていく取り組みを行っています。様々な理由で廃棄されるTシャツをTシャツヤーンとしてアップサイクルする事で繊維ゴミを削減、地球環境に貢献しサステイナブルな社会実現を目指します。iTToを使用する皆様が環境改善の担い手となります。

屋号 WAcKA
住所 〒276-0026
千葉県八千代市下市場1-4-8
電話番号 080-4294-1713
営業時間 平日10:00~17:00
代表者名 梶原 誠 (カジハラ マコト)
E-mail info@wacka.jp