共感の輪を繋ぐTシャツヤーン iTTo

共感の輪を繋ぐTシャツヤーン iTTo

 

私たちWAcKAでは
単に商品としてTシャツヤーンを販売する為だけに存在するのではなく、
単に利益を残して企業規模を大きくし、継続する事でもなく、
あくまでTシャツヤーン、アップサイクルヤーンを通して持続可能な世界に
変えて行くことを目的としています。

 

共感の輪

 

私たち一人一人の力はとても小さいです。
ですが、その事を懸念し何もしなければ何も変わりません。
小さな事でもアクションを起こす事で大きな波動を呼び起こします
やがてその波は大きなムーブメントとなり、世界が変わります。

 

小さな一歩はとても大切で大事なアクションです。

 

WAcKAには共感下さる仲間がこの2年で数多く増えました。

共感下さる方が、また新たな場所でコミュニティーを形成し、

新しい輪の中でメッセージを伝えて下さります。

 

そしてそれがまた一つづつ増え、
最初は小さなコミュニティーもいずれまた大きな輪になります。

 

WAcKAの輪を広げる活動に共感下さり、
ご自身の地域でもコミュニティー作りをされたいと言う方は是非
こちらまでご相談下さい。

 

未来に繋ぐ

 

大げさに聞こえるかもしれませんが、
環境的にも経済的にも危険な局面に来ています。

1980年代に比べると自然災害は2.5倍増加していると言われています。

自然災害が起こる理由は地球の温暖化、気候変動によるもの

では地球温暖化や気候変動が起こる理由は

私たちの生活にあります。

 

低価格を求める事で
価格破壊が起こり、賃金が下がり、雇用が安定せず、相対的貧困層が
増えて行く。

低価格は一時的に喜びとなりますが、
生産国の労働悪化と巡り巡って私たちの生活も圧迫します。

 

未来に繋ぐのは今、私たちのこの時代の生活を変えるしかありません。

日本を除く先進国ではただ安いだけの商品は相手にされなくなっています。
社会貢献性がなければ購買動機に繋がらなくなってきています。

危機感を持っているからこそ安いものを手に取らず、意義のあるものを
消費します。
そしてまたその消費活動が社会貢献となり、良い循環の輪が繋がります。

 

安いものが悪だとは思いません。
安くても誰の犠牲も払わず出来たものなら進んで消費するべきでしょう。

そうする事で安さを実現する事は企業努力で素晴らしい事だと思います。

 

今の経済状況で安さを放棄すると言う事は簡単な事ではありません。

しかし
安いものは一体どこでだれが作っているのか?想像する事が
必要です。

 

以前ドイツで行われた社会実験。
街角で2ドルで買えるTシャツの自動販売機を設置したところ、
購買しようした人のほとんどが購入しませんでした。

購入前に
まず劣悪な環境を説明した動画を再生してから
「購入」するか「寄付」するかの2択を迫る自動販売機を設置した。
その結果、
ほとんどの人は購入せずに劣悪な労働環境を改善するために寄付をした。

 

ある見方では
「劣悪な環境であれ、低賃金であれ、仕事を与えてやっている。」
「私たちが購入するからあなたたちの仕事が生まれ、生きていける」と言う
考えの方のいらっしゃいます。
考え方はそれぞれ自由ですが、決して道徳的な考え方とは言えません。

自分たちの主張が正しいとは言えませんが、
「大多数の方が正しいと思う行い」
それがエシカルです。

「安くても誰かの犠牲や環境への負荷のある商品を手に取らない」
それがエシカル消費のあり方です。

 

私たちはWAcKAは
エシカルなモノ作りとエシカルな消費のあり方を実践していきます。

 

皆さんも
iTToヤーンを一つのツールとして
「共感と環境循環の輪を繋ぎ、その思いを広げ、未来へ」
繋げる活動をしてみませんか?

 

WAcKA 代表

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Tシャツを愛し、Tシャツに愛された男
繊維業界に長年勤め、
バングラデッシュやベトナム駐在を経て、

環境問題や社会問題に関心を持ち、
現在の活動をスタート。

マスプロダクションと安さ依存からの脱却を
アップサイクルを
通して実現を目指す。

 

 

 

 

 

 

関連記事

共感と環境循環の輪を繋ぎ、その思いを広げ、未来へ|WAcKA(輪っか)

共感と環境循環の輪を繋ぎ、その思いを広げ、未来へ|WAcKA(輪っか)

WAcKAでは、人と人とが手を繋ぎできる小さな輪を広げ、大きなムーブメントとして未来へ繋げていく取り組みを行っています。様々な理由で廃棄されるTシャツをTシャツヤーンとしてアップサイクルする事で繊維ゴミを削減、地球環境に貢献しサステイナブルな社会実現を目指します。iTToを使用する皆様が環境改善の担い手となります。

屋号 WAcKA
住所 〒276-0026
千葉県八千代市下市場1-4-8
電話番号 080-4294-1713
営業時間 平日10:00~17:00
代表者名 梶原 誠 (カジハラ マコト)
E-mail info@wacka.jp

共感と環境循環の輪を繋ぎ、その思いを広げ、未来へ|WAcKA(輪っか) WAcKAでは、人と人とが手を繋ぎできる小さな輪を広げ、大きなムーブメントとして未来へ繋げていく取り組みを行っています。様々な理由で廃棄されるTシャツをTシャツヤーンとしてアップサイクルする事で繊維ゴミを削減、地球環境に貢献しサステイナブルな社会実現を目指します。iTToを使用する皆様が環境改善の担い手となります。

〒276-0026
千葉県八千代市下市場1-4-8

080-4294-1713

平日10:00~17:00