フェアトレードを実現するTシャツヤーン

フェアトレードを実現するTシャツヤーン

 

「フェアトレードを実現するTシャツヤーン」と言うタイトルを付けておきながら、
実はこのフェアトレードと言う言葉に違和感があります。

 

   フェアトレード=公正な取引

 

公正な取引が行われていないから、公正な取引の必要性が叫ばれる。

そんな
世の中って!なにかおかしくないですか?

 

一般的にフェアトレードと言うと先進国と後進国との取引の事を
イメージされる方が多いと思いますが、基本的にはどの取引においても
公正さは必要だと思います。

1対1の小さな取引を行う際にもお互いが公正に取引するのは当然の
事だと思います。

 

しかしその事が実現されていないからこそ、フェアトレードと言う言葉が
成り立ち、必要とされている。
本来ならばすべての取引が公正であるべきところを…

 

スエットショップとは?

 

皆さんはこのスエットショップと言う言葉を聞いた事はあるでしょうか?
あまり日本人にはなじみのない言葉ですね!

 

  スエットショップ(Sweatshop)=労働搾取工場

 

日本ではブラック企業と言う方が分かりやすいでしょうか?

強制労働、児童労働、低賃金、賃金の未払い、長時間労働、セクハラ、パワハラなど
人権を無視した行為が行われ、最低限の生活すら守られていない状況

 

私たち消費者の1人として現在の経済状況やデフレの状況下では
より安いものに魅力を感じ、歯止めが効かないほど安さを求めます。

その事により遠くの誰かに苦しみを与え、死に至らしめる事もあります。

 

私たちは気付かぬ内に加害者となり、間接的に人を苦しめていると言う現実

 

 

「労働環境が悪かろうが、賃金が安かろうが、私たちがオーダーしてやってるから
仕事があり、苦しいながらも生活ができているんだと!」と主張する人がいます。
また
「工場に直接オーダーしていないから、どのような環境で仕事をしているか?
知らないし、賃金がいくら払われているのか?知らない。私たちの責任ではない。」と言う人もいます。

果たしてこのような思考は先進国で偏差値の高い大学で勉学に励んだ優秀な方々が言うべき発言でしょうか?

 

このような考えがなくならない限りスエットショップの存在もなくならないと思います。

 

低価格で得をしている?

 

私達、消費者の立場として低価格で気軽に商品が手に入る訳ですから、
得をしていると思う方もいらっしゃると思います。

しかしよく考え見て下さい。
この20年間で私たちの暮らしがより良くなり、豊かになったでしょうか?

益々心が疲弊し、経済だけではなく、心の豊かさも見失っていませんか?

 

低価格を追い求める事で
後進国の労働環境に負荷を掛け、未来の環境に負担を掛けるだけではなく、
私たち自身にも悪影響を及ぼしているのです。

 

3方良しと言いますが、現実的に今の状況3方悪しです。

 

当たり前ですよね!
いち消費者の立場では安いものを求めている訳ですから、
自分自身がサービスや商品を提供する立場になれば逆に安いものを求められる。

安いものなのにサービスや商品は高水準を求められる。
        ↓
  薄利なので、より多く売る必要がある。
        ↓
  多く売る為に人件費、販管費が掛る。
        ↓
   益々儲からず、所得が上がらない。
        ↓
    益々安い物を求める。

 

  ここにより多く売る為に必要となる大量生産が行われ、
  そして消費されずに棄てられていくと言う環境問題へも発展します。

 

WAcKAでは
私たち自身が行う活動において
公正さを厳守し、
価格破壊による労働環境の悪化や環境に配慮した取り組みを行う事を
お約束致します。

そして安さの裏側にある代償と言う不都合な真実を皆さんに
お伝えしたいと思います。

 

WAcKAでは心身障害施設様や社会福祉協議会様のご協力の元、
日本で廃棄された新古品Tシャツより日本国内でアップサイクルした
Tシャツヤーン iTTo 和/染を生産しております。

 

労働負荷や不当な賃金体系ではなく、私たちができる精一杯のフェアトレードで
日本製Tシャツヤーン iTTo和/染を製造しております。

 

是非この機会にご使用下さい。
詳細はこちらよりお問い合わせ下さい。

 

ロシアヤーン iTTo 椿も公正な取引の元、販売しております。
こちらはオンラインショップより購入頂けます。

 

公正な取引の元生産されたTシャツヤーンを使った編み会は
こちらより

編み物、かぎ針、Tシャツヤーン初心者の方大歓迎です。
みんなで楽しく環境貢献しましょう。

 

 

 

WAcKA 代表

 

Tシャツを愛し、Tシャツに愛された男
繊維業界に長年勤め、
バングラデッシュやベトナム駐在を経て、

環境問題や社会問題に関心を持ち、
現在の活動をスタート。

マスプロダクションと安さ依存からの脱却を
アップサイクルを
通して実現を目指す。

 

 

 

 

 

関連記事

共感と環境循環の輪を繋ぎ、その思いを広げ、未来へ|WAcKA(輪っか)

共感と環境循環の輪を繋ぎ、その思いを広げ、未来へ|WAcKA(輪っか)

WAcKAでは、人と人とが手を繋ぎできる小さな輪を広げ、大きなムーブメントとして未来へ繋げていく取り組みを行っています。様々な理由で廃棄されるTシャツをTシャツヤーンとしてアップサイクルする事で繊維ゴミを削減、地球環境に貢献しサステイナブルな社会実現を目指します。iTToを使用する皆様が環境改善の担い手となります。

屋号 WAcKA
住所 〒276-0026
千葉県八千代市下市場1-4-8
電話番号 080-4294-1713
営業時間 平日10:00~17:00
代表者名 梶原 誠 (カジハラ マコト)
E-mail info@wacka.jp

共感と環境循環の輪を繋ぎ、その思いを広げ、未来へ|WAcKA(輪っか) WAcKAでは、人と人とが手を繋ぎできる小さな輪を広げ、大きなムーブメントとして未来へ繋げていく取り組みを行っています。様々な理由で廃棄されるTシャツをTシャツヤーンとしてアップサイクルする事で繊維ゴミを削減、地球環境に貢献しサステイナブルな社会実現を目指します。iTToを使用する皆様が環境改善の担い手となります。

〒276-0026
千葉県八千代市下市場1-4-8

080-4294-1713

平日10:00~17:00